Homeバリアフリーな飲食店温泉宿&宿泊施設バリアフリーな世の中ブログ
バリアフリーな世の中

車いすのお客様にとって、お店での外食は楽しい反面、ストレスを感じることもあります。 段差はなくてもトイレが狭くて行けない・・・トイレに行くのが億劫になるので飲み物は控えよう・・・・ といった お店だけでなく、街中で不便に感じる事、もう少し改善してくれれば・・・・ など  車いすの方々からの目線に沿った問題点を考えてみたいと思います。

その ①   その ②  その ③  その ④   その ⑤    その ⑥    その ⑦   

その ⑧      その ⑨   

視覚ハンデを抱えるお客様は、「少しは見える・・・」「全く見えない・・・」 など障がいの度合によって様々です。 もし目の不自由なお客様が来店した際に気をつけなければいけない事、日常生活で不便なこと、また全盲の方にとって大切なパートナー「 盲導犬 」との接し方について、1軒でも多くの飲食店が入店を断ることがないよう考えてみたいと思います。

その ① その ②   その ③  その ④   その ⑤   その ⑥   その ⑦

耳が聞こえにくい方、全く聞こえなくても手話ができる方・・・習っていない方。    手話を使って楽しくおしゃべりする様子を見て、お店側の対応として心がけたいのは コミュニケーション。 筆談や口話はもちろん、挨拶だけでも手話で対応できたら    気持ちのよい接客としてお客様に喜んでいただけるのではないでしょうか?      そんな想いで、「 接客手話 」について 考えてみたいと思います。

その ①  その ②  その ③  その ④  その ⑤  その ⑥  

見た目では全くわからない、自閉症などの発達障碍を抱えるご家族にとって     食事の際には気を遣うこともしばしば・・・ 私たちサービスする側が、気負うことなく接客するためには、より多くの理解と知識が必要と言えます。人それぞれ持つ個性、できること出来ないことをしっかりと見極めるためにも、発達障碍を抱えるお子様を 持つ親御さんの気持ちを中心にご紹介します。   

その ①     その ②    その ③

美味しい料理が食べたい! と思うのは 誰しも思う欲求です。しかし、年をとり歯が不自由になって思うように噛めないご老人のお客様や、嚥下障害に代表されるハンデを抱えた方にとっては、いかにきめ細かなミキサー食が、どれだけ重要な事であるか。飲食店に勤める私達にできることを考えたいと思います。

その ①   その ②

ハンデキャップを抱える方々の悩み、日常などを私達が深く理解することで、より良い環境が生まれ気兼ねなく、外出することが 何より楽しく思えることだと考えます。その為には、ひとり一人度合いが異なる、障がいに対しての言葉の偏見や差別がない世の中を目指すことが大切なのでしょう。

その ①   その ②  その ③  その ④